終身型保険と定期型保険

保険には終身型保険と定期型保険があります。
終身型保険は、保険料が高い分、ある期間を超えると解約した場合に解約返戻金があります。
保険料の支払い方法も、払い続ける終身払いと、1度に払いきってしまう有期払いがありますが、有期払いは高齢になり、年金生活になった場合負担が無く、楽ですが1度に高額な保険料を用意しなければならず、インフレに注意しなければ損をしてしまいます。
定期型保険は掛け捨てが主で、全期型保険は加入期間が長くなりますので、若いうちに加入しておけば保険料をおさえる事ができます。
更新型保険は加入期間が短く設定されていますので、加入時の保険料が安めでも、年を重ねた時の保険料はどんどん高くなっていきます。
保険は各企業ごとに、各企業内にも様々な種類があります。
保険の内容やコストが把握しやすい、見合う給付金がある保険を、各々の希望や経済状況に合わせて選ぶのですが、難しい時はファイナンシャルプランナーに相談してみるのも良さそうです。

ブログロール